ふんわり・・・ふわり・・・


趣味&教室を兼ねてのシャドーボックスのこと大好きなJYJ特にユチョン溺愛のことを思うがままに綴ってます♪
by ふわり
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
ブログパーツ
☆ショップ紹介☆


東京アンティークは
こちらからどうぞ♪


ラッピング倶楽部は
こちらからどうぞ♪



デコ電グッズは
こちらからどうぞ♪ ↓


シャイニージェルは
こちらからどうぞ♪ ↓






カテゴリ:シャドーボックスとの出会い( 1 )

シャドーボックスとは?そして出会い☆


3Dシャドーボックスとは。。。

17世紀のヨーロッパで流行した
デコパージュの技法の一つで
その後アメリカに伝わり
より立体的に発展して出来た
ペーパークラフトです。

4~8枚の同じ絵柄のプリントを
各パーツごとにカットし
奥行き立体感を出しながら
シリコンボンドで貼っていきます。
最後にニスをかけて仕上げます。
絵に合った好みの額を選んで
額装して完成です。




シャドーボックスと出会ったのは、息子が小学生の頃、
私は学校で父兄の手芸クラブに入ってて、
ある人とお友達になりました。
その奥様は転勤でアメリカに行ってて帰国された人。

その人のお宅に遊びに行った時に
シャドーボックスの額が飾ってあったんです。
それを見てなんだか感激というか、すごく惹かれ興味を持ち
その人に教えてもらったのがきっかけということです。
そのお友達も転勤でいなくなっちゃいました。


こちらでは教室もないようだし、どうしましょ。。002.gif
まぁ、自己流でもいいやぁ~楽しんじゃえという訳で
その頃は好きなように制作してました。

それから何年もやめてたんだけど、
玄関に飾ってるシャドーボックスを見て
興味のある来客さんはいろいろ聞いてくださいます。

「綺麗ねぇ~~♪」とか「すごいねぇ~」とか
「これどうなってるん?」とか・・・
そういう声を聞くと嬉しいですよね019.gif

こんな田舎じゃあまり見たことのないものだと思います。



再度作ることに意欲が沸いてきたんですが
わからないままに試行錯誤の連続でした。
色んな講師様のHPやブログを拝見し、研究しながら
現在はなんとか技術的なことも理解し
私なりの個性的なシャドーボックス制作に頑張ってます。


郵便局での作品展をきっかけに
作りたいという方がおられ
教室まで主宰することになりました。

私のような独学で未熟な者に出来るんだろうかと
不安もありましたが
趣味の世界は広がりますね♪

今は好きなことで
皆様に支えてもらいながら楽しめるということは
幸せ者だなと嬉しく思ってます053.gif




最初に製作したのは小さなもので、
アントンピックの「ピアノを弾く女の子」でした。


アントンピック(1895~1987)はオランダの画家です。

中世ヨーロッパの風景や、町並み、
生活する人々の様子などが多い作品です。



d0124915_1792967.jpg
d0124915_1795315.jpg



[PR]
by fuwari-92 | 2008-04-01 21:23 | シャドーボックスとの出会い


最新のトラックバック
胡桃餅:メイプル醤油餅 ..
from **おやつのお花*** きれ..
韓国語の評価サイト
from 韓国語の評価サイト
ハムナプトラ3 呪われた..
from To pass leisur..
今年のとうもろこしはこれ..
from のほほんホノルのお気楽日記
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧